Pocket

先ほどのブログにも書いた通り、本日、無事にタイランドエリートメンバーの審査が完了しました。

ご存知の方も多いと思いますが、タイランドエリートと言っても、複数の種類があるのです。

僕が申請したのは「エリートイージーアクセス」という、いわば準会員的なメンバーシップです。

エリートイージーアクセス

今日は、タイランドエリートの中でも、僕がなぜエリートイージーアクセスを選んだかを書いてみたいと思います。

まず、タイランドエリートで一番高額な正会員の「エリートアルティメートプリビレッジ」は、20年間の長期ビザが取れるというのが最大の魅力です。

しかし、

 

  1. 入会金が200万バーツかかることに加え、
  2. 年会費が2万バーツも払わなければいけないことになっています。
  3. しかも僕には全く必要のないゴルフやスパが年間24回まで無料になるという特典
  4. 年に一度の健康診断など

 

が料金に含まれています。

僕にとってはゴルフなんて行きたいときに行けばいいし、健康診断も日本で受けてますので。

一方で僕が選んだエリートイージーアクセスは、上記正会員の値段が4分の1で料金は50万バーツ、ゴルフやスパなどが利用出来ない代わりに2万バーツの年会費もないという無駄が省かれた内容となっています。

ベンツやBMWでの空港の往復送迎(年間24回)は、空港でのVIP待遇に関しては正会員、準会員共に含まれているので、僕も来月のタイ訪問で早速利用出来そうです。

そして面倒な90日レポートも代行してもらえるので、自分でイミグレに行く必要もありません。まあ、僕は90日も続けて滞在することはないと思うので、このサービスは利用することはないでしょう。

さきほどエリートアルティメートプリビレッジが20年、エリートイージーアクセスが5年と書きましたが、ここが重要な部分です。

おそらく多くの方が同じことを心配しているでしょう。

「タイのことだから、20年の間にタイランドエリートという制度自体がなくなるのではないか」ということを。

僕もそう思います。

だからこそ、20年分の先行投資をするよりは、「とりあえず5年」で様子を見ようと決めたのです。

プラユット首相の気が変わって突然廃止になっても、5年で50万バーツならば子供の小遣い程度の損失ですからね。

変な例えですが、株やFXをやっていれば、1日で200万円くらいの損をすることは普通にあるというのと同じ感覚です。

エリートイージーアクセスの概要

  1. 期間:5年
  2. 入会金:50万バーツ(税込)
  3. 家族会員の追加:不可
  4. 譲渡:不可
  5. 空港サービス:あり
  6. 到着出発ラウンジ:あり
  7. 近距離送迎:24回/年
  8. 優待割引:あり
  9. メンバーコンタクトセンター:あり
  10. 90日リポート代行:あり
  11. 正会員へのアップグレード:150万バーツ(税別)で可

 

以上がエリートイージーアクセスについてです。

僕の個人的な意見を言わせてもらうと、5年というのは充分に長いと思います。

今から5年前の僕はと言えば、自分の会社が初めて黒字になったばかりで、貯金もたいしてありませんでした。

それから2年後には億り人になり、その翌年にはラットレースを止めて本業を引退するなんて想像さえもできませんでした。

世の中は自分の想像とはだいぶ違う方向に動いたし、自分の価値観も5年でだいぶ変わりました。

例えば中学2年生の時に将来なりたいと思っていた職業と、高校3年生の時に将来なりたいと思っていた職業は違いますよね?

5年もあれば普通は考え方も変わると思うのです。

自分の考え方が変わらなくても、さっき書いたように制度そのものが無くなったり、改善、あるいは改悪され足りということもあるでしょう。

ちなみに、上記の概要にもあるように、イージーアクセスのメンバーも、150万バーツでエリートアルティメートプリビレッジにアップグレードできるそうです。

なので、先日エリートアルティメートプリビレッジに申請された同学年の与沢翼さんのように、僕も秒速で10億円稼いでしまったら、その時は僕もアップグレードしてもよいかもしれません。

まあ、その前に、去年僕がそうだったように秒速で税務署が来るでしょう(笑)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事