Pocket

元々iPhone X使っていましたが、先月日本に帰国した際にiPhone XS Maxに機種変更しました。(どちらも日本のアップルストアで購入したSIMフリーです)

Rabbit LINE Payが使えなくなった

タイに戻った後、AISのSIMを入れてLineに再ログインしました。

そこまではよかったのですが、後日トラブルが発生。

セントラルワールドのコーヒーショップの支払いにラビットラインペイを使おうとしたその瞬間、以下のような画面が表示されました。

僕はラビットラインペイはタイでしか利用したことはありません。

なので、Payアカウントを解約するという認識は全くありませんでした。元々ウォレットに入っていたのは603バーツですが、以下の画面から支払いのボタンを押すと、上の写真のように「解約しないと使えない」という画面になってしまいます。

もう新しいスマホだとトップアップも出来ない、使うこともできない状態です。

結局、支払いは現金で済ませました。

その後ネットで同じような経験をした人がいないか検索してみましたが、どうやらポイントは解約しなかった場合は無効になるようです。

これで600バーツをドブに捨てることになるのかとショックを受けましたね。

 

しかしその夜、ダメもとでスマホを新しいiPhone XS MaxからiPhone Xに持ち替えてLineに再ログインしてみたところ、603バーツがまだ使えることが確認できました。

以前のスマホをまだ持っていれば、まだ使えるということですね。

そこで、ラビットラインペイで決済可能なKonvyという通販サイトで化粧品を買い、596バーツを旧スマホでのラインペイで支払いしました。

その後の残高が7バーツ。

その直後、旧スマホのラインペイを解約しました。

解約の際、「残りの7バーツは無効となりますがよろしいですか?」という画面が表示され、OKを選択して7バーツを捨てることになった次第です。

まあ、603バーツを失うのよりはマシでしょう。

そして再び新しいスマホでLineにログインし、ラインペイの画面に移行。

ここから再度ラインペイに入会する必要があります。

無事にアカウント作成が終わると、こうなります。

消えた7バーツ。。。

それと同時に、BTSのラビットカードと連携していたのも強制解除されます。

まあ、ラビットカードとラインペイに関しては連携はしたものの、まだアクティベートはしていなかったのが不幸中の幸いでした。

ラビットカードとラビットラインペイの連携カウンターが増えた

ちなみにアクティベート可能なカウンターは、9月まではアソーク、プルンチット、チョンノンシーなどの主要駅のみでしたが、10月末の現在、プロンポンにも新カウンターがオープンしていることが確認できました。

9月にアソーク駅でアクティベートの手続きをしようとした際、「外国人はまだ出来ない」とカウンターで言われてしまいましたが、現時点では外国人でもOKだそうなので、数日のうちにトライしてみるつもりです。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事