Pocket

タイランドエリートのメンバーシップについてコメント欄から質問がありましたので、ここで回答します。

タイランドエリート(Thailand Easy Access)ですが、5年で50万バーツ、正会員が20年で200万バーツですが、5年ごとに更新される予定ですか?
仮に正会員でも20年しか資格がないので迷っています。自分の場合は20年後にまだ60にも満たないので、今シニアの方がとってるリタイアメントビザを取り直さなくてはなりません。

まず、20年のタイランドエリートを2回も取得できるかどうかは分からないと思います。タイランドエリートに直接、問い合わせれば教えてくれるかもしれませんが。

また、イージーアクセスの5年が切れた後に、再度5年のイージーアクセスにまた入りなおすことが出来るかどうかも分かりません。公に確実に分かっているのは、5年を20年にアップグレード出来ることだけですね。

エリートアルティメートプリビレッジへのアップグレード

僕が持っているイージーアクセスは5年ですが、これまで1年間使ってみて、すごく役に立ったので、20年の正会員のエリートアルティメートプリビレッジにアップグレードするつもりです。
今後、アップグレードする際の体験記をブログに載せる機会があると思います。

 

もしかしたら5年が切れる前に20年にアップグレードすることをタイランドエリート側に勧められるかもしれません。

僕は自発的にアップグレードするつもりですが、20年のエリートアルティメートプリビレッジは、ゴルフやらスパやら僕にとっては余計なサービスが付いてくるうえ、会費を年間20000バーツ払わないといけないので(イージーアクセスは年会費なし)、急いでアップグレードする予定はありません。

タイ以外の国への移住は?

仮にタイランドエリートを2回取得したとしてもまだ先があるような気がします。2回とると400万バーツですから1350万円ですので、他の国のビザの方がメリットがある気がします。
machaさんは他の国で検討している所はありますか?
他の国についてですが、僕はタイでなければ日本に住みたいので、タイ以外の国のことは全く分からないです。
実を言うと、タイランドエリートのメンバーには、運営側からニューズレターのような形で定期的にそういったタイ以外の国の永住権を取得するためのセミナーの案内が来ます。

でも、だいたいはタックスヘイブンの国とかですが、興味がないので読んでいませんでした。

タイランドエリートは様々な法律事務所や会計事務所、移住関係のコンサル会社などと提携しているようですね。

僕の個人的な感想ですが、20年のビザをたったの200万バーツで取れるなんて、あり得ないほど激安だと思っています。

しかも

  • BMW送迎
  • 空港でのVIP待遇
  • 銀行口座やクレジットカードが作れる
  • 年に1回、病院で人間ドック

まで付いてきてこの値段です。

これのどこが割高なのか、僕には全く理解できません。

逆にタイよりもっと安く移住できる国があるなら知りたいくらいです。

とりあえず億り人を目指そう!

それと、根本的なことを言わせてもらうと、たったの200万バーツとは言え、タイランドエリートは富裕層向けのメンバーシップという位置づけです。800万円弱の金額が高いと思うレベルだと、もしかしたら入会はあまりお勧めできないかもしれません。

僕の目安としては、金融資産1億円以上持っている人が最低ラインかと勝手に思っています。(これはあくまで個人の見解です)

他の国はどうかということについて、僕はタイでないなら東京に住みたいですね。別に日本が嫌いでタイに来ているわけではないので。

「何千万円以上投資したら永住権あげる」的な国もありますが、別にその国に投資したくはないので、僕としては捨て金として入会費を払っておしまいにしたいです。

質問者さんは年齢的にタイランドエリートで20年を過ごした後にリタイアメントビザをお考えのようですね。

タイランドエリートで20年の準備期間があるうちに、タイ永住ビザを取れるように頑張ってみてはどうでしょうか。

もちろん永住権を取るためには、タイ語がネイティブ並みに出来ることに加え、タイ国にどのくらい貢献出来たかを面接で聞かれるそうですが、20年の猶予があればそれも準備が可能かもしれません。

もちろんその場合は「ビザが欲しい」程度の欲求ではまず無理ですが、本当にタイを愛していて、タイに配偶者がいて、死ぬまでタイにいたいならアリだと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事