Pocket

僕が実際に購入を検討するくらいまで気に入ったプロンポンの新築コンドミニアムを紹介します。

Vittorio(ヴィットリオ)スクンビット39

場所はスクンビットソイ39のほぼ大通り沿いで、先週ショールームを見に行ったDiplomat 39のほぼ向かいにあります。39 by Sansiriという既存のコンドミニアムの向かいでもあります。

プロンポン駅とエムクオーティエの本当に目の前ですね。

Diplomat 39も絢爛豪華でしたが、Vittorioはそのさらに上を行く、バンコクでトップ10に入るようなスーパーラグジュアリー物件です。

  

実は先週Diplomat 39を見学に行く途中にこのVittorioを発見し、ちょっと見せてもらおうと思って立ち寄ったら、予約無しでは入れないとのことだったので、今回予めエージェントのCBREに電話してアポを取って出直してきた次第です。

後から知りましたが、この物件、セキュリティーはものすごく厳しいのです。

ロビーには5つ星ホテルのようにコンシェルジュがおり、荷物をそこで預かってもらい、各部屋を案内してもらいました。

そう。グランドオープンは来年7月ですが、工事自体はほとんど終わっており、ショールームではなく実物の部屋を見せてもらったのです。現物が見られるというのはありがたいですね。とても勉強になります。

Vittorioの特徴は、エレベーターがプライベート仕様であること。1フロアに4つのエレベーターがあり、部屋数も各フロア4ユニットなので、エレベーター自体が自分の部屋に直結している専用エレベーターなんですね。

以下が物件情報です。

  • ディベロッパー: AP社
  • 総戸数: 88ユニット
  • 完成予定: 2018年7月
  • 部屋サイズ:2ベッド、3ベッド、デュープレックス、ペントハウス
  • 天井の高さ: 3メートル
Vittorioは最近のプロジェクトとしては珍しく、100平米越えの2ベッド以上のサイズの部屋のみしかありません。昨今供給過剰の1ベッドルームばかりのコンドミニアムにうんざりしている僕にはありがたいですね。

 

そして1フロアに4部屋のため、全室が角部屋で、プライベートエレベーター付きというわけです。

今回見せてもらったのは、100平米の2ベッド

僕がもらった見積もりは以下の通りです。

Vittorioコンドの価格
    • 6階の西側の角部屋 101.74平米: 3478万バーツ(平米単価341,851バーツ)
    • 9階の東側の角部屋 136.71平米: 4757万バーツ(平米単価347,965バーツ)
    • 9階の東側の角部屋 141.67平米: 5057万バーツ(平米単価356,998バーツ)
なんだか値段を聞いていると、東京の不動産が安く感じられてきますね。

 

一番狭い部屋でも2ベッドの100平米で、現在のレートで1億2000万円ですからね。

さすがにここまでの物件だと、駐在員に貸すというよりは、金持ちタイ人の自己居住用としてのみの用途になりそうです。

いくら5大総合商社の駐在員でも、会社の使用人に過ぎない彼らには不相応ですからね。

この物件が他のコンドミニアムと違うところは、竣工の2年も3年も年も前からプリセールで販売しているのではないところだそうです。

2017年8月にVIP向けに販売を開始し、同年11月の時点でまだ全88ユニットの内、15ユニットしか売れていないようなのです。

値段に関しては上記の額面からさらに交渉が可能だとCBREの担当者が話していたので、やっぱりお困りなのではないかと思います。

追記です。

トンローのコンドThe Strand訪問時に直近の状況をCBREに直接聞いたところ、Vittorioは残ユニット4部屋だそうです。(2018/10/21)

ガチガチのポジショントークの可能性もあるので鵜呑みには出来ませんが、2018年に入ってから恐ろしいほど都内でビルボードを増やして販促していますし、ついにはエンポリアムとエムクオーティエ内のスクリーンでも広告していますので、ある程度のマーケティング効果はあったのだと思います。

さて、値段の続きですが、100平米の2ベッドの値段で言うと、3500万バーツであれば、ディプロマットの94平米とさして変わらないので、個人的には僕はディプロマットよりもこのヴィットリオの方に住みたい気持ちになりました。こちらの方が断然豪華で景色も良いですからね。

ほんと、欲しいです。

 

この物件でこのセキュリティー、少ない戸数、この豪華さであれば、さすがに違法民泊に転用したりすることもなさそうですし、ソイ39は日本人エリアなので住みやすそうですからね。

支払いに関しては、完成済み物件なので全額を一括で送金する必要があります。もし僕がヴィットリオを買うとしたら、現在持っている某爆上げ銘柄を一部手放す必要が出てきます。

6000万程度なら即金で間違いなく買っていたところですが、さすがにその倍の値段だと投資計画にまで影響してくるので即断はできません。

以上がスクンビットソイ39のヴィットリオでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事