Pocket

ベトナムで急速に開発が進むビーチリゾート、フーコック島で宿泊したフュージョンリゾート・フーコックの滞在記です。

フーコック島へはバンコクから行ってきました。

タイランドエリートの送迎でスワンナプーム空港へ

事前予約により、コンドミニアムの前で待機しているタイランドエリートのBMWに乗り、出発。

乗り心地は日本の自宅のベンツとほぼ同じです。タイで買ったら高そう。

スワンナプーム空港に到着。

いつもの通り、EPAというアシスタントのエスコートを受けます。

荷物も男性係員が全部運んでくれます。


そして秒速出国審査。

もちろんプレミアムレーンです。

もし同じプレミアムレーンに既に人が並んでいたら、

「審査員が前の人をどける」か、場合によっては「エリート会員を別室に連れて行って個別に審査」をしてくれることがあります。

今回は前者の「並んでいる人の横入りをさせていただく」ことになりました。

バンコクからフーコック島へは飛行機で

バンコクからフーコック島への移動方法としては、飛行機が一番便利。有難いことにバンコクエアウェイズが直行便を出しています。

タイからフーコック島への直行便はバンコクエアウェイズが初めてで、去年開通したばかりだと聞いています。

それまではホーチミンを経由しなくてはいけませんでしたし、僕もフーコック島という存在すら知りませんでした。

というわけで、フーコック島の事前情報を確認してみます。

フーコック島の場所

フーコック島はベトナムの最南部にある島であり、ベトナム以上にカンボジアの近くに位置していることが分かります。

面積的には、タイでプーケットに次いで二番目に大きな島であるチャーン島と同じくらいです。

飛行機はバンコクエアウェイズの直行便が往復6000バーツ台。国内のサムイ島に行くより割安です。

バンコクエアウェイズでフーコック島へ

さて、バンコクエアウェイズ機内に搭乗してみると、後部からしか乗れない旧式の超小型機。

もっと驚いたのは、乗客が12人しかいないこと。

超不人気路線なのでしょうか?せっかくの直行便なのに、このままだと来シーズンには廃便になりそうな予感です。

飛行時間はおよそ1時間半。乗客が少ないため、離陸後すぐに機内食サービスがありました。

機内食はチキンのバミーヘーン。味は、微妙でした。。

途中、タイのチャーン島を通り過ぎるのを確認できました。位置的にフーコック島とチャーン島は近いですからね。

フーコック島が見えてきました。

漁業が主要産業で、島内の開発が数年前にスタートしたばかりのフーコック島。

フーコック国際空港到着

フーコックに到着すると、小さいですがまだピカピカの新しい空港です。

国際線は他には見当たらず、僕たち12人のためだけに入国審査が行われたので手続きは一瞬で終わりました。

フーコック空港は新しいものの、何もないです。

 

到着フロアに唯一あったお店がこのコーヒーショップですが、それですら閉まっていました。

さて、僕が今回フーコック島で宿泊するのは、島内随一の高級ホテル、フュージョンリゾート・フーコックです。

フュージョンリゾートフーコック

フュージョンリゾート・フーコックは、ダナンにあるフュージョンマイアというリゾートが、フーコック島に去年開業したものです。

Fusion Resort Phu Quoc

Hamlet 4, Vũng Bầu Beach, Cửa Cạn Ward,, Phú Quốc, tỉnh Kiên Giang 950000 ベトナム

フーコック空港からフュージョンリゾート・フーコックへ移動

ホテルまでの移動は、事前に手配していたホテル行の専用車が出口で待っていました。

空港からホテルへは無料のシャトルバスが1日に何回か出ていますが、僕の時間にピッタリではなかったので、今回は40ドルほど追加料金を払ってプライベート車を利用しました。

車に乗ると、運転手からおしぼりとドリンクのサービス。社内にはwifiがありあましたが、なぜか接続できず。

このことについては事前に他の人のブログ等にも書かれていた通りでした。僕の情報ソースは1年以上前のものですが、まだ使えないとは。。

フーコック空港は島の南側、フュージョンリゾートは北部にあるそうで、所要40分ほどの距離です。

フーコック空港からホテルまでの道のり

外の景色を見ていると、本当にまだ何もないんだなということが分かりました。

外を歩いているのは、人よりも水牛や犬の方が多かった印象です。

店もほとんどベトナム語表記のローカル屋台で、観光客が入るようなところはありませんでした。

建物は気で出来た平屋のみで、ビルと呼べるものは一度も見ませんでした。

Macha

尤も、僕が通ったのは南部の空港から北部のホテルまでの道のりのみなので、島内最大の繁華街があるという南部のエリアは上記以上には開発されているのだと思います。

あまり舗装されていない道を通り、ようやくフュージョンリゾートにたどり着きました。

フュージョンリゾートにチェックイン

写真はロビーの様子。

さっそくチェックインの手続きです。

予約はアゴダで行い、無事に支払いも済んでいることが確認できました。

フュージョン・リゾートフーコックの料金

フュージョンリゾート・フーコック
全室プールヴィラですが、僕が予約したのはフュージョンリゾートでは一番下のグレード、ガーデンビューのプールヴィラです。
  • 料金は1泊28000円。オフシーズン価格です。
  • この料金には朝食、リゾート内どこでも使えるwifi、1日2回のスパ、カヤックや自転車ツアー、その他ビーチスポーツなどが含まれています。
  • 宿泊者には、それぞれフュージョニスタという専属のコンシェルジュが一人付きます。

 

僕の担当になったベトナム人フュージョニスタは20代前半くらいの若い女性でした。他にファランのフュージョニスタが二人くらいいました。

コンシェルジュへの連絡の方法はとても今風で、上記のフュージョニスタのlineにメッセージを打ち込むことですべて解決しました。

ハウスキーピングの依頼やルームサービスの注文などもラインで簡単に出来、すぐに返事がきました。

もちろん従来のように部屋の電話機からロビーにかけるというのも可能です。

さて、これから部屋を案内してもらいます。

フュージョン・リゾート・フーコックの客室

フーコック島で3泊お世話になったフュージョンリゾートのガーデンヴィラです。

広さは124平米。

僕がアゴダで予約したときは1泊28000円でした。現在は雨期のオフシーズンなので日によっては25000円くらいで泊まれることもあるようですね。

それにしても3万円に満たない金額でプールヴィラがあるというのは有難いです。

近年、ビーチリゾートはどのホテルも中華系が増え、プールでギャアギャア騒いでいる人が多いので、まったりと過ごせるプールヴィラは今後、相対的に重要性が高まると僕は考えています。

こちらが庭のプール

 

部屋の寝室部分。

 

バスルーム以外にも、冷蔵庫の上に流しがあって便利です。

バスルーム。

 

バスルームには流しが2つ。バスルームと寝室との仕切りはカーテンのみです。

まあこういうリゾートに泊まるにはカップルか夫婦でしょうから問題ないと思います。

巨大なバスタブがあります。

トイレはタイ式ハンドシャワー付き。

 

バスルームから見た庭の景色。

 

実は、このバスタブには大きな欠陥があります。

それは、お湯の流れが非常に遅いので、貯まるのに1時間はかかることです。

しかも最初、故障していてお湯が出ず、コンシェルジュに連絡して修理してもらいました。

 

塀で囲われているので外からは見えません。

ここでゆらゆら揺られながらiPadでYouTubeを見ながらまったり。

庭のテーブル。

 

ルームサービスはこのテーブルで頂きます。

それと、

フュージョンリゾート
追加料金無しで部屋で朝食を食べることが出来ます。

一昨年シンガポールで泊まったラッフルズホテルもそうでしたね。

僕は最終日は庭に朝食を持ってきてもらいました。

先ほども書いた、お湯が貯まるのに1時間かかるバスタブ。

 

プールに入る前にお湯を出し始め、プールでひと泳ぎし終わったころに戻ってくるとようやく溜まっており、こうして準備しとけば、まあ我慢できます。

最後にもう一つ問題点を
バスタブの奥にシャワーがあるのですが、天井に付いたレインシャワーのため、真上からお湯をかぶることになります。

全身濡れてしまうので、ハンドシャワーと比べると不便です。

そしてそのシャワーの場所が、トイレの真向かい。仕切りがないのでシャワーを使うとトイレ前の床も濡らすことになります。

日本だったらもっと工夫すると思うのですが、その辺がまあ、ベトナム仕様?なのでしょうか。

ただし、僕の泊まった一番安いガーデンヴィラ以上のカテゴリーの部屋は、すべてハンドシャワーがあり、仕切りもされているそうですので、僕も次回はアップグレードしてビーチヴィラにしようと思っています。

フュージョンリゾートフーコックは、同じプールヴィラでも、値段的にはダナンのバンヤンツリーの半額ほどですが、上記のようにスペックが若干劣るので、このくらいの欠陥なら問題ないという人にはこのフュージョンをオススメしたいです。

以上がフュージョンリゾート・フーコックのガーデンヴィラでした。

フュージョンリゾート・フーコックのプール

フュージョンリゾート・フーコックには、自分たちのヴィラの他に共用プールが2つあります。

一つはスパの近くにあるプール、もう一つはビーチサイドのプールです。

まずはスパのプールから。

スパを通り抜けてこの道を進みます。

 

途中、フーコック名物のコショウの木を通ります。敷地内には他にも複数のフルーツが植えられていました。

スパのプールです。

 

ビーチサイドにあるプールと違って、こちらはまず人がいません。

共用ですが、行けばほぼプライベートプール状態です。

プールの横にジムがありますが、まず使っている人はいません。

みんな大体ビーチのプールの方に行っているか、1日2回無料のスパに行っていて忙しいからですね。

次にビーチ沿いのプールに向かいます。

こちらのプールは人が2,3人いましたが、ほんとにその程度です。どの部屋もプールヴィラですから、わざわざ来る必要がないのかも。

オフシーズンなので陣取る場所には困りません。

こちらはプールバー。

午後2時から5時までに行くと無料でアフタヌーンティーがいただけます。

プライベートビーチ

ビーチはメインプールの正面にあります。

チェアも充分すぎるほどあります。

フュージョンリゾートのスタッフが常に浜辺の砂を整えていました。

このカプセルっぽいソファーも、どこでも座り放題。

  

フュージョンリゾート・フーコックのプライベートビーチのため、しつこい物売りはおらず、宿泊客のみでとても静かなビーチです。
ビーチ・アクティビティー
後ほど紹介しますが、カヤックやビーチバレーなどのアクティビティも無料で出来ます。遊びたいときに近くにいるスタッフに声をかければ準備してくれます。

泳いでいる人は2人くらいしかいませんでした。

別に泳いではいけないということではなく、みんな基本的にプールの方が好きみたいです。

海の透明度

パタヤやプーケットのパトンビーチよりは綺麗です。

一方でタイのリペ島やタオ島には敵わないと言ったレベルです。

現在が雨期で基本的に水が濁っていることも割り引いて考える必要がありますね。

ダイビングをするわけではないし、別にこれで充分だと個人的に思います。

以上がフュージョンリゾート・フーコックのビーチでした。

 

僕は今回、最初から最後まで結局ホテルからは一歩も出なかったので、他の賑やかなビーチには行っていません。

YouTubeで見た感じでは、同じフーコック島でも繁華街や有名なビーチに行けばそこそこ人でにぎわっているようでしたが、このフュージョンリゾート周辺は人っ子一人いないで静かでした。

当然、屋台もコンビニも一切ないので、買い出しをしてビーチで食べたい人は困ると思います。

ミニマートはホテル内にも、周辺にも一切ありません。

フュージョンリゾートが陸の孤島だということは事前に聞いていたので、僕はお菓子などの食料は予めバンコクからスーツケースに詰めて持ってきていました。

まあ、お菓子はともかく、ドリンクや食事はプールやビーチバーでオーダー出来ますし、後日書くようにそれらの値段も非常に良心的なので、滞在中、食べ物で不自由することはありませんでした。

レストラン

今回紹介するのはホテル内のレストラン。

フーコック島の中でも、フュージョンリゾートは繁華街からはるか離れた距離にあり、また立地も山奥のため、コンビニもレストランも何もありません。

必然的に買い出しは不可。食事はホテル内のレストランで食べるほか選択肢はありません。

そのレストランですが、フュージョンリゾート内には2つのレストランと1つのバーがあります。

バーは飲み物だけなので、レストランの選択肢は2つ。

一つはベトナム料理(朝食会場兼用)、もう一つインターナショナル料理のレストランでした。

僕がランチとディナーに利用したのは、ビーチ前にあるインターナショナル料理の方です。

こちらがフュージョンリゾート・フーコックのレストランです。

席は少ないですが、リゾート自体がプールヴィラのみで客数の少ない場所なので問題なし。

上の写真は上記のレストランの向かいにあるプールバー。

バーで頼んだスムージーとコーラ。

バーからのプールの景色。

この写真はレストランの方ですが、ベトナムビールは280円、スムージーも400円台という、5つ星リゾートとしては超良心的な値段です。

上の写真は、マッシュルームのスープ、リゾット、空芯菜炒めですが、たしか空芯菜は300円台、スープが400円台、リゾットも800円ほどだったと記憶しています。味も本格的。

グリルチキンの野菜添えで、1000円でお釣りがくるレベル。

2日目のランチに頼んだペパロニピザは1000円ちょうどくらい。

2日目に頼んだ料理で、左の野菜炒めが400円台、右のペンネが900円ほど。

最後に2日目夜に頼んだサイドディッシュ3品。

空芯菜(さっきと被りますが)、フーコック産マッシュルーム、豆腐料理の3品ですが、どれも400円以下というお値段。

 

以上の通り、陸の孤島のような場所にあるフュージョンリゾート・フーコックですが、レストランの値段が安かったことが僕にとってのありがたい驚きでした。

5月にダナンのバンヤンツリーに泊まった時は、アルコール無しで1食1万円に届くような価格設定でしたからね。

ホテル代が安い代わりにレストランで高額を請求するホテルもありますが、フュージョンリゾートはほんとその辺が良心的でした。

ちなみにもう一つのレストランはベトナム料理がメインということと、上記のビーチレストランよりもちょっと格式が高そうだったので、僕は一度も利用しませんでした。

フーコック島は夕方の景色が綺麗なことで有名だそうです。

フュージョンリゾート・フーコックはまだ昨年オープンしたばかりということで、まだ色々と抜けているところがありましたが、プーケットなどでは考えられないほど静かな環境で過ごせたのが貴重な経験でした。

フュージョンリゾート・フーコックの朝食

最初に書いておくと、実は朝食自体は、追加料金なしでイン・ルーム・ダイニングも可ということでした。

だけど最初の2日間は会場の雰囲気を味わってみたいし、自分で料理を選びたいので食べに行くことにしました。

部屋からロビーは近いので徒歩で移動。フュージョンリゾート・フーコックは面積がそれほど広くないので、余程重いものでも持っていない限りは歩ける範囲です。

朝食会場

このホテルに泊まっている人はおそらく全員、朝食付きのプランになっていると思います。

朝食はバイキング形式ですが、卵料理、サンドイッチ、コーヒー、お茶類はメニューから選べます。

ということで、フレンチトーストとオムレツをオーダーメイドで頂きました。

コーヒーとお茶は種類が豊富で、僕はジャスミン茶にしました。美味しかったです。

この写真の急須はロビーにあるショップでも販売していました。

カウンターにはフォーやバインセオ(?)もその場で作ってくれます。

牛肉のフォーもあります。

その他、写真をずらっと並べます。

ベトナムコーヒーも置いてありましたが、僕はこの甘ったるいのが好きじゃないのでパス。

フュージョンリゾートの朝食はしっかりしていました

いずれにしても、5つ星リゾートとして相応の品ぞろえだと思います。

朝からガッツリ食べたい人も、チャーハンや肉料理、野菜料理、飲茶もたっぷりあったので充分に満足できるはずです。

こちらは朝食会場の隣にあるロビー。

ロビーの向かいにはショップがあります。これが唯一のお店。

あくまでベトナムスタイルの洋服を売っているだけなので、別の記事にも書いた通り、食料品などはホテル内では一切手に入りません。

リゾート内アクティビティ

フュージョンリゾート滞在中は、二つのアクティビティをやってみました。

 

カヤック

プールの近くにいるスタッフに声をかければいつでも用意してくれます。もちろん無料。

カヤックを漕ぐのは10年くらい前にサムイ島のアントン諸島以来なので、勝手がよくわからず疲れました。

夕方はサイクリングをやりました。

サイクリング

こちらもホテルの予定表のサイクリングではなく、個人で組んでもらいました。これも無料です。

男性スタッフがこぐ自転車に付いていくだけですが、これが僕にとってフーコック島滞在中にホテルの敷地を出た唯一の時間でした。

 

ちょっとホテルの周囲をグルっとするだけだと聞いていましたが、意思疎通のミスがあったのか、トータルで7キロも走っていました。

バンコクではエンポリアムとベンチャシリ公園を行ったり来たりしているだけのニートの僕には激しすぎる運動でした。。

で、ホテルの周囲ですが、上の写真の通り、本当に何もありません。

7キロ走ったと書きましたが、コンビニもスーパーもありませんでした。

あるのはボロボロの民家、(店主がいない、営業しているか不明の)ローカル食堂、森と畑くらい。

水牛が道路を歩いているのも見かけました。

7月に行ったタイのカラシンの中心部から離れたエリアを、さらに田舎にしたような風景と言えばよいでしょうか。

まあ、クタクタにはなりましたが、これでフュージョンリゾートの周りの地理が分かりました。

フュージョンリゾート・フーコックでの滞在スタイル
文字通り何もないので、ホテルから出てはいけないということですね。

幸いにもフュージョンリゾートにはレストランが2つあり、値段もエムクオーティエのレストランよりも少し安いくらい良心的だったので、ここに泊まる人は、ヴィラだけで寛ぎたい人向けですね。

ルームサービス

フーコック3日目は、前日の水泳、カヤックとサイクリングの疲れが残っており、ヴィラとスパのみで1日を過ごしました。

ランチはレストランには行かず、ヴィラでルームサービスを頼みました。

 

値段は二人でシェアできるサイズのピザとシーザーサラダで合計2000円くらい。

メニューはホテル内のレストランとほぼ共通で、嬉しいことに値段もほぼ一緒でした。

午後はヴィラのプールで寛ぎ、1日2回まで無料で受けられるスパにも2回きっちり通いました。滞在中の3泊4日の間、スパは1日2回、計6回受けたことになります。

これでプールヴィラに泊まれて、朝食が付いて1日28000円というのは個人的にはかなりお得感があります。

最近のプーケットやクラビなどのリゾートはどこもガヤガヤしており、雰囲気もあったものではないので、今の時代、プールヴィラはビーチリゾートの最後のオアシスだと思います。

夕方はプール前のバーでドリンクを頂き(ドリンクも1泊300円程度)、夜はバー向かいのレストランで海を見ながら食事。

食後は午後8時にスパの施術を受け、終わったら部屋に戻って寝る時間までのんびりという3日間でした。

今のように目黒区の自由が丘やバンコクのプロンポンに住むのもすごく快適で毎日が楽しいですが、年に3回くらいはビーチリゾートに来るのも癒されていいですね。

逆にリゾートに住むというスタイルは、快適さ重視の僕にはどうもしっくりこないので、やっぱり今後も僕は都市滞在型で行きたいと思います。

フュージョン・マイア・スパ

フュージョン・マイア・スパは、フュージョンリゾート内に併設されたスパです。

最初にも書きましたが、フュージョンリゾートの宿泊者は、1日に2回まで無料でスパを受けることが出来ます。

予約はチェックイン前にした方がよい

このスパは非常に人気があるため、チェックイン当日に受ける分については、チェックインの数日前からネットで事前に予約しておくことが勧められています。

チェックイン時に当日の空き状況を聞いても、既に一杯になっていることが多いそうです。

僕もそういう状況は知っていたので、チェックイン当日どころか、滞在中の3日分すべて、1日2回、計6回分を予約して行きました。

僕が3日間で受けたトリートメントは、
    • フーコック産コショウを使ったスクラブ
    • オレンジを使ったスクラブ
    • 足マッサージ
    • タイ式ヨガ(名前はヨガとありますが、実際はタイマッサージのことでした)
    • ベトナムマッサージ

もう一つは忘れましたが、マッサージの一種でした。

毎日1日2回。毎日午後3時と午後8時に予約して行きました。

プールで泳いだらスパ、夕食を食べて一息したらまたスパという感じで忙しかったです。

上記のスパを常に予約していたため、滞在中の4日間は結局一度も外出することなく過ごした次第です。

非日常を存分に味わえたと思います。

フュージョンリゾート・フーコックは女性がすごく喜びそうな環境ですね。

ちなみにホテルからはナイトマーケットへのシャトルバスなども出ていましたが、場所が若干遠いし、無料じゃないし、何よりも折角のヴィラに滞在しているので参加することはありませんでした。

以上がフュージョンリゾート・フーコックのスパでした。

最後の朝食はルームサービスで

バンコクに戻る日の朝、部屋に朝食を運んでもらいました。

こんな感じでチョイスはほとんどないので、朝からガッツリ食べたい人は、直接朝食会場に行ってフォーやたくさんのおかずをどうぞ。

ルームサービスの場合は基本的に選べるのは卵料理と飲み物のみで、果物やパンは適当に付いてきました。

 

フュージョンリゾートでは朝食のルームサービスが追加料金なしで受けられます。シンガポールのラッフルズホテルと同じですね。

10時にはチェックアウトなのでさすがにこの日は泳ぎませんでしたが、ヴィラにプールがついていると気持ち的に癒されます。

チェックアウト―専用車で空港へ

バンコク行きのバンコクエアウェイズのフライトが午後1時のため、10時にフュージョンリゾートをチェックアウトしました。

チェックアウト時に、往路のリムジンや3日分のホテル内での食事の清算をしましたが、合計たったの28000円程度でした。

随分と飲み食いしたつもりでしたが、終わってみると、随分安上がりだったと思います。

5月に行ったダナンのバンヤンツリーは普通に1食が1万円はしましたからね。

フーコック島は高級リゾートもまだまだコスパが高いです。

そして空港行の無料シャトルに乗り込みました。

フーコック島国際空港

何もない田舎道を通り、30分ほどでフーコック空港に到着。おそらくつい数年前にできたのであろうまだピカピカの空港でした。

コーヒーショップで飲み物とサンドイッチを頼んだのですが、米ドルが使えると思っていたら、予想外のNGでした。

今回ベトナムドンを一切両替しないで旅行に来ていたので慌てましたが、少額でもクレジットカード可ということで助かりました。

 

さて、この日に飛ぶ国際線はどうやら僕が乗るバンコクエアウェイズのバンコク行きのみのようで、出国審査のレーンもフライトギリギリになるまでオープンすらしませんでした。

どうやらほとんどのフライトは国内線のホーチミン行きで、国内線のレーンはそれなりに人が並んでいました。

出国審査を過ぎると、お店はあるのですが、一軒のコーヒーショップを除いて全部閉まっていました。

僕のフライト以外に便がないので当然ではありますが。

参考までに、先ほどのチェックイン前のコーヒーショップはベトナムドンのみ利用可だったのが、出国審査後にあるコーヒーショップは米ドル表記(ドンも可)でした。

そしてフライトは定刻に出発。

僕が乗ったバンコクエアウェイズは乗客33人でした(往路は12人)。

超小型機ですが、この人数では超ガラガラです。

バンコク―フーコック間のバンコクエアウェイズ便は去年始まったばかりだそうですが、このままだと来シーズンはなくなるのではないでしょうか?

今回はオフシーズンだから人が少ないのは分かりますが、乾期になってもこの調子だと確実に廃止になるでしょう。

まとめ

僕はフーコック島はすごく楽しかったのでぜひ再訪問したいと思っています。

でもバンコクからの直行便が無くなってしまうと、ホーチミン経由になってしまうので、出来れば廃止されないでほしいですね。

フーコック島は現在ホテルの建設ラッシュ。JWマリオットも去年あたりにオープンしましたよね。

他のリゾートも調べましたが、値段はまだまだタイのビーチやダナンよりも確実に安上がりです。

まだ未開拓感があって、支那人よりもベトナム人旅行者の方が多い感じで、そういう意味でも日本人にとっては穴場だと思います。

ちなみにフュージョンリゾートでは滞在中、2組の日本人客がいましたが、ほんとそれだけです。

ホーチミンかバンコクを旅行する予定があり、日数に余裕がある方は、抱き合わせでフーコック島をスケジュールに入れてみるのもありではないかと個人的には思いました。

僕は今回はリゾート内のみで過ごしましたが、今度来る時は少しは島内観光もしてみるつもりです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事