Pocket

シンガポールの後編です。

ここでは、僕が穴場的に気に入っているオーチャード通り近くのタングリンモールの紹介と、消費税のGSTの還付方法についてまとめました。

最後は、いつものことですがタイランドエリート会員として空港サービスを利用した場合の一幕を簡単にご紹介しています。

タングリンモール

ロストバゲージが手元に戻った翌日。この日は午後から仕事があるため、午前中、宿泊しているオーチャード通りのヒルトンホテルから徒歩でアクセス出来るタングリンモールに行ってきました。

 

163 Tanglin Rd, Singapore 247933

所在地: 163 Tanglin Rd, Singapore 247933

 

タングリンモールは、ヒルトンがあるオーチャード通り西端からさらに西、ボタニックガーデンに行く途中にあります。ヒルトンからだと徒歩10分ほどでアクセスできますが、オーチャード駅からだと15分くらいかかります。その場合はバスかタクシーがよいでしょう。

ヒルトン自体は既にオーチャード通りの端っこです。道路は舗装されており、静かで、散歩にはもってこいです。

 

ヒルトンからさらに西に歩くと、オーチャード通りがタングリン通りに変わります。途中、古くて小規模なショッピングセンターを何軒か通りますが、特に見どころではないのでパス。

 

英国スタイルの長屋風店舗。ベーカリーや小物店、美容関係の店が入っていました。雰囲気は良さそうですが、写真だけ取ってさらに西に進みます。セントレジスホテルも通り過ぎました。

 

タングリンモールに到着。御覧の通り、オーチャード通りのショッピングセンターよりは規模も迫力もはるかに小さいです。

 

内部は吹き抜けで開放感があります。タングリンモールは欧米人居住者が多いエリアだそうで、モール内も照明の度合いや雰囲気がアメリカっぽいです。

 

シンガポールブランドのアイランドショップ。女性の南国ファッションの店。タイのブランドよりもセンスが良いです。

 

実はタングリンモールに来るのはこれが2回目で、約8年ぶりです。

前回は植物園に行く途中にトイレ休憩で軽く入っただけでした。今回じっくり内部を歩いてみて、とても気に入りました。オーチャード通りからすぐ近くなのに人口密度が小さく、ゆっくり買い物が出来るからです。

フードコートもありました。席はガラガラで、アイオンオーチャードとは真逆です。値段もマリーナスクエアなどのフードコートと同水準。

 

写真は撮りませんでしたが、それなりに大きいスーパーもあり、バラマキの土産物はここで買いました。オーチャードの店だと人に押しつぶされそうになりますが、タングリンモールは空いているので落ち着いて商品を選べます。

その他、スターバックスやガーディアンというドラッグストア、レストランなど多数が出店しており、ここに来れば大体の用は足せると思います。

タングリンモールは以下のような人におすすめ
    • シンガポール植物園訪問の前後に休憩したい人
    • オーチャードエリアのホテルに宿泊している人
    • オーチャード通りやマリーナエリアの喧騒を離れてゆっくりショッピングしたい人

GST還付手続き

前編にも書いた通り、今回僕はカジュアルブランドではありますがオーチャード通りのショッピングセンター複数か所で数百ドル分の買い物をしました。

GST還付は端末で自分でやる

100ドル以上の買い物をした場合、GST(消費税)の還付を受けることが出来ます。

以下がその手順。

  1. 店での支払いの際にパスポートを提示して、「eTRS(電子還付制度)」のチケットと領収書を発行してもらいます。店員もそのへんは熟知しているので、仮に「GST refund」と言わなくても、支払いのタイミングでパスポートを差し出せばすぐ分かってくれます。
  2. タイやマレーシアと違い、シンガポールでは空港に行くと、「eTRS」の専用端末があります。この端末にパスポートと上記のeTRSのチケットを自分でスキャンします。
  3. 払い戻しの方法は現金かクレジットカードの二択。これもタッチ操作で選択します。
  4. 還付金をシンガポールドル現金で受け取る場合は、出国ラウンジのリファンドカウンターに行く必要がありますが、クレジットカードを選んだ場合は10日ほど後に自動的にカードに返金されます。

GST還付まとめ

eTRSの端末がどこにあるのか分からないという疑問を抱く人もいると思いますが、このように空港のあちこちに道しるべがありますのですぐに見つかります。

はい、発見。

 

端末は何台もありますので、仮に人が使っていてもすぐに順番が回ってきます。操作方法が分からなかったり、エラーになってしまった場合も、すぐ近くに係員がいて教えてくれますのでご心配なく。

 

僕は3日間で608ドルの買い物をし、29ドルが還付されました。GSTは7%ですが、事務手数料を差し引かれるので、実際に返ってくるのは5%ちょっとです。僕はユニクロとかコットンオンなどカジュアルブランドを買っただけなのでこの程度ですが、高級ブランドなら数百ドルになりますので馬鹿に出来ません。

 

出国審査を抜ければあとは免税

当然ですが、出国審査が終われば、その先にあるのはすべて免税店です。

僕もTWGなどで複数の店舗で土産物を購入しました。

もう高いのか安いのかも分からず、店員の勧められるままに適当に購入

 

そしてタイに帰国

シンガポール航空に乗り、バンコクに向かいます。

今回は出張での訪問だったので、観光やショッピングの時間は非常に限られていましたが、狭い国土で観光地もショッピングセンターも限られた場所にまとまっているので短時間でも充分に楽しむことが出来ました。

そしてバンコク・スワンナプーム空港に到着。

シンガポールではロストバゲージや、その後のアウェー的な塩対応に悩まされましたが、バンコクに戻れば僕もタイランドエリートです。

飛行機を降りれば金ぴかのアシスタントが待っていて誘導してくれます。

 

なぜか今回の僕のフライトにはタイランドエリート会員が僕意外にもう一人乗っていたらしく、この日は金ぴかが二人待っていました。

エリート会員も現在急速に増えていますからね。

タイランドエリート会員専用ラウンジで荷物が到着するのを待ちます。

 

ちなみにタイ人の連れがいても、普通にタイランドエリート会員同様のサービスを受けられます。

タイ人の連れだけ、一般レーン、荷物は受け取ってくれない、到着ラウンジは使えない、なんてことはありません。

スーツケースを受け取った後は、従者を従えてBMWまで移動。

 

BMWで自宅まで直行

 

まとめ

シンガポールは僕の会社の大事な拠点の一つなので、今後は年に一度は訪問することになるでしょう。

今回はブラックフライデーという大セールの期間に運よく当たりました。日本で買うよりもかなり安く買えるものもたくさんあったので、次回もセール中に来ようと思います。自分の会社だし、会う相手は下請けなので、訪問時期も自分で決められるのが有難いです。

そしてタイを拠点にアジア各国に出かける際、必ず利用するのがスワンナプーム空港。

入国審査も出国審査も通常レーンは中国人で大混雑ですが、タイランドエリートになってしまえばすべてが秒速なので、海外旅行も出張も億劫にならずに済みます。

今後もこの特典は使い倒していきたいと思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事