Pocket

ここでは、私がタイランドエリート入会の決断をする引き金になった事件について書きます。

私と同じニートの人で、似たような生活スタイルをしている人がいれば参考になるはずです。

事の発端

それは昨年2017年月、シンガポールからバンコクに戻ってきた時のことです。

この時点で既に同年中に3回のノービザ滞在をしていました。

具体的には、以下のようなスケジュールでタイへの行き来をしていました。

  1. 2月中旬入国:タイに16日滞在して日本に帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  2. 4月末入国:タイに3週間滞在して一時帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  3. 6月初頭入国:タイに28日ほど滞在して一時帰国(次回訪タイまで日本滞在)
  4. 7月中旬入国:タイに28日ほど滞在
  5. 8月11日:ノービザ30日をオーバーする前に出国→シンガポールで3泊4日してタイに再入国
  6. 8月14日:シンガポールからスワンナプーム空港に戻ったところで問題発生

 

そして残念ながら、4回目の入国時に、僕の経験上では初めての「条件付き入国」ということになりました。

4回目の入国時に条件付き入国(最後通告)

僕がタイ入国の可否について心配していた旨はこれまでにもブログに書いてきましたが、ついにここで結果が出てしまったわけですね。

どういうことかと言うと、

「今回は入国を許可するけど、次からはビザを取ってくださいね」という注意書きをパスポートに書かれてしまったのです。

入国は出来たので航空券代とホテル代は無駄にならなかった

と言うわけで、僕が予約していた翌月の9月7日の帰国用の航空券と、今回の24泊分のホテル代は無駄にならないで済んだのですが、今度タイに来るときは、どんなに短期間の滞在でもビザがないと入国できないという「結論」が分かってしまったので、これから今後について作戦を立てなければならなくなりました。

実を言うと、こうしてイミグレで捕まることも考慮に入れていたので、訪タイは今のところ9月までの予定しか立てていなかったのです。

次回入国できるか分からないのにずっと先のチケットやホテルを予約するわけにはいきませんからね。

この時点ではこれからの予定はまっさらな状態です。

スワンナプーム空港のイミグレでのやり取り

では、イミグレで何が起こったかを具体的に書いておこうと思います。

まず、上にも書いた通り、3回目のノービザ滞在の後、もう一度ノービザ入国をするために、3泊4日でシンガポールに旅行に行ったのでした。もちろん空路です。

旅行後、スワンナプーム空港でシンガポール航空の搭乗券とパスポート、入国書類を持って入国審査の列に並びました。

列は空いていたので僕の順番もすぐに回って来て、審査官に書類を渡し、「今夜は何を食べようかなー」などと気楽にぼーっと考えていました。

すると、審査官の表情が突然変わり、目を細めて僕のパスポートをパラパラめくりはじめました。
「うわぁ、入国拒否で強制退去決定か!?」

 

と頭が真っ白になりました。

気持ちはガクブル。外国に空港にいると、まるで動物病院に連れて行かれた猫のような立場です。

「今から別室に連れて行かれるんだな」、と、万事休すの状況を覚悟したとき、窓口の審査官が手招きして、カウンター越しに会話が始まりました。

別室ではなくその場で事を済ますようです。

審査官
「あなたはタイで働いていますか?」

Macha
いいえ。休暇で来ているだけです。

審査官
入国のスタンプが多すぎます。今年に入ってから毎月にようにタイにきていますね。

Macha
よくパスポートを見てください。毎月ではなく、2月、4月、6月、そして今回の8月なので4回目です

審査官
それはOver in our system です。

Macha
そんなシステムあるのか?(心の声)

 

続けて審査官は、

審査官
次回はビザを持って入国できますか?ビザを取ることが出来ますね?

 

と念押しをして来ます。

Macha
はい。分かりました。どんなビザですか?

 

と確認します。

審査官
まず最初の選択肢として観光ビザ、次にEDビザ、それから就労ビザがあります。あるいはタイランドエリートですね。

Macha
分かりました。次からはビザを取って来ます。では今回は入国できるのですね?

審査官
今回は30日の滞在を許可します。次回はビザで来てください。次回はビザをSuggestするとパスポートにメモしておきますね。

 

以上が入国カウンターでの会話のやり取りです。

 

パスポートに注意書きを書かれる

なので、僕のパスポートのスタンプには「次回はVISAをSuggest する」との手書きの記載があります。

というわけで、強制退去という最悪の事態は免れましたが、これで無条件にタイに居られるわけでもなくなってしまった次第です。

僕もついに「この者、前科あり」みたいな烙印を額に押されてしまったような心境です。

悔しいですが、億り人であることはいくらでも証明できても、タイで働いていないことは証明のしようがありませんからね。

 

もうノービザでタイに入国出来なくなった

僕の今後の対策はこれから考えるとして、これで次回はノービザではタイに入国出来なくなったことは間違いありません。

現実的な策としては、次にタイに来るときは、現在在籍しているタイ語学校で留学ビザをもらうか、ビエンチャンで観光ビザを取得するかの二択になります。

※後日談
この時点では、先ほどのイミグレでの会話でさりげなく「タイランドエリート」の単語が出てきていることを忘れていました。

厄介なのは、今回のイミグレでのやり取りにより、次回はどんなに時間的な感覚を空けても、そして30日以内の滞在であってもビザが求められる状況になってしまったことです。

これまでは空路であれば何とかなっていたのですが、今はもうそれすらダメというわけです。

もう、ほとぼりが冷めれば、とか、30日以内の滞在だからという理由でノービザを選べるわけではないのです。

というわけで、後日、タイランドエリートという選択に行き着くのでした。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事